「キーワード」ごとに特化して集客できるホームページを作るコツ

以前、整体師の方から新しく2つのサイトを作りたいとご相談いただきました。

ホームページは1つではなく、新たに「キーワード」ごとに特化したサイトを作成したいというご提案をいただく事が増えてきました。

最近の成果が出ている方の特徴は、ホームページは1つだけではなくメインのホームページがあって、その他に特化したサイトを持っているという点です。

整体院のメインサイトがあって、その他にスポーツ整体骨盤矯正の専用サイトがあるという感じです。特化サイトを作る事で、より集客につなげやすくなります。

ホームページで成果を上げるコツは「キーワード」ごとに特化する、または絞込みをする事です。

例えば、整体の中でも産後の骨盤矯正に特化するなど。

「骨盤を矯正したい」という「出産後のお母さん」の目的・欲求を支援する。それにより「出産後のお母さん」が対象となる見込み客様になります。

ホームページでは「●●市 骨盤矯正」のキーワード検索で上位表示を目指す。

ホームページのタイトルやコンセプトも合わせていきます。タイトルや本文にキーワードを適切に配置する。

そして、ウリとなる特徴をメイン画像とキャッチコピーで伝えて自分の写真を掲載したり、お客様の声やデータなどで安心感を感じていただく事が大切です。

にお客さまの声は重要です。ここに行けばどんな良い事があるのか?という事を具体的にイメージしていただけるからです。

この様に、ポイントは「誰の目的や欲求を支援するのか?」をハッキリする事。

「~したい」というお客さまの目的にフォーカスする。そしてそれを解消する事。

最近では、ホームページを作られている治療院が増えてきていると思います。

その中で来院していただくには「自分達を選んでもらう理由があるか?」という点が非常に重要になってきていると感じます。

一度ホームページを眺めていただいて、第三者の視点でもし自分ならここを選ぶか?を冷静に考えてみてください。

整体であれば、単純に皆さんの肩こり・腰痛を解消する、というだけでは伝わりにくい様です。

ネットで検索をされる方は、Yahoo!やGoogle検索などでいろんな治療院のホームページを見ていると思いますので、他の整体院との違いをわかっていただければ来店につながりやすくなります。

集客できるホームページになるには、特徴を伝えるためのレイアウトが必要になります。
 


 

ただ単に作成しただけのホームページでは、アクセスアップ対策PPC広告など宣伝に力を入れても、反応率を高める構成になっていないのであまり効果が期待できません。

ホームページで成果が期待できるかどうかはコンセプトや切り口が大きく影響しますので、自身の特徴をしっかり考える事が大切だと思います。

特に「特徴はみつからない~」という場合は、同じ地域の同業者様のホームページを眺めてみて他とは違うサービスを考えてみたり、他がやっていなかったり、他が足りていないと感じる点を自分達の強みにするというのも1つの方法だと思います。

できるだけ絞込みをして、特徴やアピールポイントを考えてみてください。

少しでも参考になりましたら幸いです。

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「キーワード」ごとに特化して集客できるホームページを作るコツ
Facebook にシェア


こちらの記事が参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有してみてください。







【 キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい 】

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)

 



RSS feed

Comments are closed