これから絶対抑えておきたいホームページ集客の鍵「特化サイト」とは?

hp_smile3

日々、いろんなご相談をいただいておりまして、本当にありがたいです(_ _)

今回はホームページの二極化のお話です。

これはどういう事かといいますと、

・大きく育てていくメインサイト1つ運営

・小さな特化ホームページを複数運営

といった2つの方向で二極化が進んでいくのではと考えています。

1つをじっくりと育てるという方法と、特化サイトを複数育てるという方法です。

「ホームページは1つは持っている」という方が多いと思います。

例えば、鍼灸院のホームページを持っていて「●●市 鍼灸」などで検索上位を目指すサイトなどです。

でも、今後はさらに競争が激しくなってくると、上位表示する事が大変になります。

そこで、これからもっと増えてくると考えているのがテーマ(ニーズ)に特化したサイトです。

例えば、鍼灸院であれば「不眠症に効くお灸」というニーズに特化した専用サイトを作成する形です。独自ドメインも取得します。各ページも「不眠症 お灸」というキーワードで作成していきます。

これにより、検索エンジンでは「●●市 不眠症 お灸」というキーワードで上位に表示されます。地域の中で「不眠症 お灸」に特化したサイトを持っている院は10以上ありますでしょうか?

検索エンジンでは1ページ目に表示される可能性が高くなります。

 

次に「ダイエット鍼灸」に特化したサイトを作成する。

という様に、特化サイトを複数作成をする形です。

これらは検索数が少ないのですが、

ウリなどをアピールした反応率を高めるレイアウトで作成していれば、少ないアクセスでも集客が期待できます。

「不眠症に効くお灸」に特化したチラシを作成して、ポスティングをしてホームページに誘導するなど。とにかく、ニーズに合わせて特化サイトを複数作成する。少ないアクセスでもキーワードとマッチしていればご来院が期待できます。

なんでもできる鍼灸院ではなく、1つのテーマに特化した鍼灸院として入り口を用意する。

今後は、こういった細かいキーワードに合わせて1つの専用サイトを作るという流れが進んでいくのではと思います。

ここで気になるのが費用ですが「そんなにたくさん作ってたら、お金がかかって仕方がない」と思われたかもしれません。

ホームページに数十万円かけている方が多いと思いますが、数万円で1つのサイトが作成できれば、複数サイトが運営できます。

費用をたくさんかけて、少し集客できるサイトを作成しても、維持費がたくさんかかってしまっては、お金が残りません。

しかも時間がかかります。

とにかく手間や費用をあまりかけずに、複数のサイトを運営する。

そうやって入り口を増やす事が大切。

ちなみに、検索エンジンでは、1ページ目に表示されているページがなければ、アクセスが期待できません。

 

「●●市 鍼灸」などで1ページ目ではなくても、

「痛くない お灸 地域名 不眠 解消」などのキーワード検索で1ページ目に表示されていれば、アクセスがあります。

これは、そのキーワードで1ページ目に表示されているからです。だからアクセスがあります。

上位に表示されていなければ、アクセスはありません。

「昔はあのキーワードやこのキーワードで上位表示されていたのに・・・」

という方も多いと思います。

現在の検索エンジンは、特化サイトを上位表示します。

「●●市の鍼灸・マッサージ・不眠症でお悩みなら~鍼灸院」という様に、いろんなキーワードを詰め込んでいる方も多いと思います。

でも今後は検索エンジンでは「●●市で不眠症解消なら~鍼灸院」という様な専門サイトを上位表示します。

なんでもやりますサイトは、専用サイトに勝てなくなって、アクセスが減っていく可能性があります。

これからは、反応率向上レイアウトで作成している特化ホームページの運営がポイントになるのではと思います。

ただし、自分目線で作成すると、かなりの確率でうまくいかないかもしれません

多くのサイトを見てきましたが、特に自身で作成されている方のホームページでは、ほとんどが反応率向上レイアウトになっていないと感じます。

単純にレイアウトを並べれば良いというものでもなく、ある「1つの視点」から全体を考慮して配置していかなくてはいけません。

ここを意識しているかどうかで決まってきます。

答えは「お客様」「患者様」です。

少しでも参考になりましたら幸いです。



こちらの記事が参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有してみてください。







【 キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい 】

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)

 



RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.