人気マガジン「R25」に学ぶコンテンツの作り方

関西の深夜番組「ミリオンの扉」で、R25の編集長である柿崎さんが出演されていました。

R25は1~2日ですぐなくなるという影響力のあるフリーマガジンです。

そこで、関西発の新人ライターを募集されていたのですが、なんでもランキンレビューという名物コーナーで、関西発ライターを募集されていました。

その中で気になったのは、人気コーナーである「ランキンレビュー」のコンテンツの作り方ですね。

記事作成までの流れは下記の様になります。
 
 
●まずはアイデア会議をする

→まず10名ほどのライターさんが、会議でネタを出し合って、150ほどのネタが集まるんだそうです。
 
 
●ネタの絞込みと決定

→そして、その中から厳選して、最終的に15本ほどのネタに絞って、取材から記事執筆まで行うとのこと。
 
 
●取材から記事執筆(記事の分量を考える)

ランキンレビューの記事の文字量は、800字ほどなんだそうです。

ちなみに、Webの場合は検索エンジンに表示されやすいのは、400文字以上と言われています。
 
 
●意識するポイント(ターゲット読者を意識する)

→読者である、若手のビジネスマンの方がいかに興味持てるように伝えるか?というのが重要なんだそうです。
 
 
この様に、かなり厳選して記事を決めているみたいですね。常に良いネタを探されているそうです。

またR25では、テーマを決めて、いろんな切り口で記事を書くという連載コーナーもあります。

そこでお笑い芸人である天津の向さんが「この声優さんが良い!」という企画をやりたいと語っていました(笑)

連載の様な記事を定期的にホームページやブログ、メルマガなどで公開するのも読者がつきやすいと思います。

僕も、普段からネタ探しをしていて、携帯にメモする様にしています。そして、パソコンにメールを送って、さらに記事を整えて、運営サイトに投稿します。

今後は、Web上でどこにでも書いてある情報は、検索エンジンでは表示されにくくなると思います。せっかく記事を作成しても、アクセスされなければ意味がありません。

他に書いていないコンテンツとは、取材をして得た情報だったりします。

僕もできるだけ、取材をする様に心がけ、体験談などの記事をコンテンツ化する様にしています。

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 人気マガジン「R25」に学ぶコンテンツの作り方
Facebook にシェア


こちらの記事が参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有してみてください。







【 キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい 】

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)

 



RSS feed

Comments are closed