電子書籍で販促しよう!PDFファイルの作成方法

いつでも、どこでも、そして通勤中に読めて、本を持ち歩くよりかさばらないしスマート。

移動や出張、通勤、旅行などなど、いろんなシーンで活躍しそうな電子書籍

ですが、まだまだ読める本の種類が少ないと感じるのですが、今のうちにPDFファイルなどで電子書籍を作成して、電子書籍投稿サイトなどに掲載しておけば、早い段階でアクセスが期待できるかもしれません。

そこで、比較的手軽にPDFファイルが作成できる方法をご紹介します。

一般的な電子書籍のファイル形式ですが、EPUB、PDFなどがあります。

EPUBは、アメリカの電子書籍標準化団体を推奨する電子書籍規格。iPadや、ソニーのリーダーなどで採用されています。

どう違うのかというと、EPUBでは横幅や縦幅など、それぞれの端末に合わせてくれます。自由度の高いレイアウトが可能です。

一方のPDFでは、単純に固定された形になります。Webサイトでもよくみかけますね。

できれば、デザイン的な事も考えると、EPUB形式で作成したい所なんですが、ホームページと同じ様にプログラミングの知識が多少必要になります。

なので、本格的に作成する場合はEPUB形式が良いのですが、もっと手軽に作成する方法ではPDFファイルがおすすめです。

PDF形式のファイルを作成するには、例えばWordで文章を書いて、WordファイルをPDFに変換する方法があります。

またパワーポイントなどで作成した資料もPDF形式で書き出せますね。

ただし、バージョンによっては、そのままPDFで保存できない場合がありますので、そんな時は、PDF変換ソフトを活用してください。

おすすめは無料のオフィスソフト「OpenOffice」です。
 
 
OpenOffice
http://ja.openoffice.org/
 
 
まずは、こちらをダウンロードしてパソコンにインストール。

そして「文章ドキュメント」をクリックして「Writer」を立ち上げます。次にWordで作成して保存したファイルを Writerのソフトで開きます。

その後、メニューの「ファイル」→「PDFとしてエクスポート」をクリックすれば、PDFで書き出すことができます。

この流れだと、簡単にPDFファイルに変換できますので試してみてください。

今後は、一般の方がどんどん電子書籍を投稿されると思います。

すでに、電子書籍投稿サイトでは、会社やいろんな団体の方が、フリーペーパーやニュース通信をPDFで配布されています。

PDFでは、ホームページのURLアドレスがそのままリンクとして表示されます。

内容を見た方が、直接ホームページにアクセスしてくれます。

ぜひ今のうちに、電子書籍を作成できる様になって、無料投稿サイトのiPadZineなどに投稿してみてください。
 
 
iPadZine
http://www.ipad-zine.com/
 
 
ちなみに、ブクログにも登録されるパブーもおすすめ。最初は無料で、その後に有料設定も可能です。

パブー
http://p.booklog.jp/
 
 
この様に、ホームページに誘導するために、販売促進として電子書籍を配布する。この流れが加速していくと思います。

僕もせっせと数冊の本を作成しています(笑)



こちらの記事が参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有してみてください。







【 キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい 】

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)

 



RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.