パンダ・アップデート(ファーマーアップデート)での対策方法

米Googleでのパンダ・アップデート(ファーマーアップデート)が気になる方も多いのではないでしょうか。

いくつかのブログを見て回りましたが、まだ確証がないので控えます、という内容もありました。

そんな中で、参考になる情報が、海外SEOブログさんの「パンダ・アップデートから身を守る5つの予防法」という記事で紹介されていましたのでご紹介。

こちらの記事では、海外サイトの記事をまとめていただいて、パンダ・アップデートの対策といいますか、予防方法が紹介されています。

ただし、まだ確証があるというわけではない様ですが、あるサイトでは、いくつかの対処法を行って、アクセスが戻ったそうです。

 

●タイトルやmeta descriptionタグの重複を修正
→重複コンテンツを解消する

 

●ブログでのカテゴリページの重複に注意

 
●リンク切れをなくす


●robots.txtでアクセス制限(WordPressなどの場合)

User-agent: *
Disallow: /blog/wp-admin/
Disallow: /blog/wp-includes/
Disallow: /blog/wp-content/

 

●役に立っていないタグページを削除
→低品質なコンテンツとみなされる可能性がある

 

僕の場合は、タイトルの内容を重複しないようにしたり、robots.txtを活用して指定をしたりする事は普段から意識をしています。

この様に、普段から、コツコツと重複しているページには、新しい記事内容を追加するなどしてみていただければと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - パンダ・アップデート(ファーマーアップデート)での対策方法
Facebook にシェア


こちらの記事が参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有してみてください。







【 キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい 】

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)

 



RSS feed

Comments are closed