おふたり様専用という差別化に成功している旅館のホームページ事例

マーケティングや販促情報が充実している宣伝会議の2010.7.1の号で「小さいけれどブランド力のあるお宿の秘密」という特集の中で、旅館のブランディング成功例が掲載されていました。

山形・米沢にある「時の宿」すみれ という客室が10室の、おふたり様専用の旅館です。

おふたり様に特化して絞り込んでいるのがすごいですね。なんと稼働率は80%を越えているそうです。

子供連れなどは丁寧にお断りしているんだとか。このお断りするというのはかなりの決意だと思います。簡単にはできない事ですよね。

あくまでも、2人の時間をゆったりと過ごすという価値を提供しているとのこと。このコンセプトが重要なんですね。

月刊「ホテル旅館」編集長の武田さんは、「Webを見て気体しているお客さんがそれを上回る体験をしたときに、感動が生まれてリピーターにつながる」と語っています。

そこで早速、こちらの旅館のサイトが気になりましたので、ホームページを検索して見てみました。

 

●お客様の満足度を高めるHPコンテンツ

「時の宿」すみれのホームページのトップにはきれいなメイン画像が掲載されていて、その下には「当館はおふたり様専用の旅館です」というメッセージが掲載されていました。

左の目立つところには、当館の「おすすめのプラン」が紹介されています。その他の部屋の予約については、プランから、またはカレンダーから検索するという項目が用意されていました。

料理のページを見てみると、最高級の米沢牛を使った創作料理で、写真がたくさん掲載されていて、とってもおいしそうです。

また自社サイト内にブログを設置されていて、「すみれ便」というコラムや告知情報を更新していくページを用意されていました。

これにより、サイト内にページが増えていきますね。
(お客様への告知用などで、検索からのアクセス流入が目的ではないかもしれません)

米沢の観光」というページや、QRコードやTwitterへのリンクも用意されています。しっかりソーシャルメディアのアカウントを開設されていますね。

ホームページを見てみましたが、全体的に、アクセスされたお客様の満足度を高めるコンテンツが配置されていると感じました。

  

●コンセプトを確立して、商品・サービスを絞り込む

ポイントは2人専用という切り口。アロマサロンやラウンジなどもあり、おふたり様に徹底して満足感を提供したいという想いが伝わってきますね。

この様に、小さな会社のホームページでは、総合的に商品・サービスを紹介するのではなく、1つのサービスに特化した専門サイトを作る方法があります。

1つのテーマでコンテンツを掘り下げていくという形ですね。そうやってホームページを作ると、1つのメインキーワードでの重要度が高まります。

大きなサイトではなく、ページ数がそれほど多くない小さなサイトでも、1つの情報を掘り下げているので、検索エンジンでも、狙ったキーワードで上位表示されやすいですね。

もちろん最近では、ライバルサイトが増えていて、いろんな切り口のサイトがありますので、外部サイトからのリンクといった要素が不可欠ですが・・。

とにかく1つの商品に絞って、メリットや、選ばれる3つのポイントや、お客様の声などを掲載し、お申し込みなどのボタンを配置するという様なランディングページ最適化をして、価値をアピールする方が、ホームページでは反応が高まりやすい傾向もあります。

今回ご紹介させていただいた旅館は、コンセプトの徹底や絞込みをする事で「小さいけれどブランド力のあるお宿」を実現している貴重な事例だと思いました。すみれ様や宣伝会議&武田さん、貴重な情報を本当にありがとうございます。

ホームページ作成について少しでも参考になりましたら幸いです。



こちらの記事が参考になりましたら、ソーシャルメディアで共有してみてください。







【 キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい 】

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)

 



RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.