アーカイブ 2012年 2月



イメージ写真より実際のお客様の体験シーンをメイン画像にしよう!

2012年 2月 22日

最近では、エステや整体院様など、自作でホームページを作成したけれど、反応がないという声をいただく事が増えてきました。

なぜ反応がないかを調べてみましたら、いくつか共通点がある事がわかりました。

その中でも、特に印象的だったのがメイン画像です。

ホームページにアクセスされた方が、一番最初に目にするサイトの上部。ここは非常に重要です。

ホームページでは3秒ルールという特徴がありまして、アクセスして目に入った情報で判断をされます。

興味が沸かなければ、スクロールされずに、半数以上は他のサイトに移ります。

そのため、一番上のメイン画像は最重要ポイントになります。

ですが、花の写真だったり、写真ではなく、光の入ったイラスト写真だったり、何のお店かわからないという写真をメインに配置されているサイト様が多いと感じました。

イメージ写真についてですが、パっと見た際はとてもオシャレなので、こういった写真を選んでしまいがちです。

とはいえ、施術シーンなど、サービスを受けている所がイメージができないお店ホームページでは、

アクセスされた方が「気持ち良さそう!」「私もこんな風にしてもらいたい」という欲求が沸きにくいのではないでしょうか。

紹介だったり、雑誌に掲載されていて、そちらを見たという場合は、すでに興味を持たれているので、オシャレなサイトでも大丈夫だと思います。

ですが、検索エンジンなどで、近所のお店を探されている方には、興味を持つきっかけがなければ、お店を選んでもらえません。

なので、できれば真ん中の大きな写真には、施術シーンや内装など、具体的に施術を受けているシーンなど、未来を想像できる写真をメインに配置するというのがおすすめです。

 
先日、整体院様や、エステ様のホームページリニューアルの相談をいただきましたが、

皆様、写真が小さかったり、何のお店かわからないという写真が上部を占めていました。

せっかく検索上位でも、反応があまり無いとのこと。

そこで、施術シーンの写真や、お客様の声をトップに掲載するなど、お客様の声や評価などで自社サービスを語ってもらう様なサイトにリニューアルしました。

すると、しばらくたったある日、「ホームページを見たという方に、来店していただきました!」とお礼のメッセージをいただきました(^ ^)

ありがたい事に、ご相談をいただくのは、元からサービスが良くて、お客様にも好評というお店の方が多いです。

ですので、お客様の視点でコンテンツを配置する事で、反響も変わってきます。

下記はまた別の整体院様ですが、メイン画像では実際のお客様の写真を掲載させていただいております。

どんな体験ができるのか?どう生活が変わるのか?という事をホームページの上部で伝える必要があります。

 
(さらに…)


Facebookで会員限定コンテンツの作成方法(Static Tab Plus)

2012年 2月 10日

 
Facebookのページを作成されている方で、会員限定コンテンツを作成したい!という方も多いと思います。

そんな場合、「スタティックタブPlus」 (日本語)が便利です。

こちらは、「いいね!」を押していただく前と、後のページを自動で変更して表示してくれるアプリ?です。

いいねを押していただいた方に、「無料プレゼントを提供」という様な使い方ができます。

設置の方法は簡単です。

下記の手順を参考に、設置してみてください。

*ただし、ご自身でされる場合、「いいね!」前と、「いいね」後に表示するページを作成しないといけませんので、多少のHTML知識や、画像作成ができる必要があります。

 
少しでも参考になりましたら幸いです。それではよろしくお願いいたします。
 
 

【スタティックタブ Plus の設置の流れ】

*先に、Facebookにログインしておいてください!

 

●まずは、下記のURLから、「スタティックタブPlus」のインストールページへアクセスしてください。「いいね!」を押してください。

スタティックタブPlus 株式会社アドコード様のページ
http://www.facebook.com/adcode.jp/app_123888304357854

*いいね!を押してください。

  

 

  
●そして、表示されたページの一番下あたりにある、下記の「スタティックタブPlus インストール」ボタンをクリックしてください。

 

  

 

 
●表示された画面で、アプリを表示したいページ名を選択して、「スタティックタブPlusを追加する」をクリック。

 

  

  (さらに…)


成果が出ているHPは、現場の知識を持つ担当者が文章を書いている?

2012年 2月 8日

先日、会社のホームページ担当の方にご相談をいただきました。

多くの会社では、総務の方がWeb担当者をされていたり、メインの業務と兼任をされている状況だと思います。

ホームページの文章だったり、お役立ち情報を書くのが難しい、またはどうやって書けばいいのかわからないという、方も多いと思います。

実は、どなたがホームページの文章を書くか?? が非常に重要なポイントになると思います。

成果が出ているホームページの多くは、

ネイルサロン、整体院、行政書士の方など、専門知識を豊富に持っている事業主の方が、自ら記事を書いています。

特徴としては、「事例などの写真」「お役立ち情報」「よくあるご質問」などの情報が充実しています。

お客様は、その内容を見て、疑問が解消されて、「自分もこんな体験がしたい!」と感じていただく事で、お問い合わせにつながりやすくなります。
 

1.まず疑問を解消する「情報」「コツ」などのノウハウをご提供する。

2.そして、信頼関係が生まれて「ご注文」をいただくという流れです。
 

ホームページでご注文やお問い合わせをいただくには、まず、サンプルなど「モノ」のご提供や、体験をしていただくといった「無償提供」が必要といわれています。

私が担当させていただいている、成果が出ているホームページでは、現場の知識をお持ちのご担当者様が文章などの記事を書いて事が多いです。

ですので、現場の営マンの方など、お客様に会って話を聞いたり、情報が豊富な方が、ホームページ担当をされている程、有利になります。

(さらに…)