ネタがないので記事がかけない時の対処法は?

ホームページは更新が大切なんですが、とはいえ何を書いていいかわからない・・という方も多いのではないでしょうか。

その際のブログ記事のネタの探し方なんですが、業界ニュースやお客様にいただいたご質問などをまとめて公開してみましょう。

それをコツコツと続けていただければ幸いです。

 

1. 製品や作品などを公開する

今日、作成した製品や作品、またはお客様との写真を公開してみましょう。

掲載できるモノがありましたら、ぜひ掲載してみてください。

 

2. お問い合わせ内容を書く

お客さまから、こんなお問い合わせをいただきました!

(名前などは伏せて)こう感じました!などを書いてみましょう。

 

3. よく聞かれる質問を記事にする

普段から、お客様によく聞かれる質問は、多くの方が気になるポイントなのだと思います。

よく聞かれる質問内容をメモしておいて、解決策などを記事にしましょう。

 

4. 業界ニュースを書く

業界のニュースを調べて、関係する見出しを紹介して、その内容に関する感想などを書きましょう。

重要な情報をセレクトして、伝える役割を意識してみてください。

 

5. お役立ち情報を公開する

お客様の目的達成や、悩みを解消する内容をまとめて公開していきましょう。

例えば、製品のメンテナンス方法や、長く使える様なステンレス製品のお手入れ方法といったお役立ち情報を公開しましょう。

 

6. 用語についての説明をしてみるなど

ある製造会社では、専門用語のキーワードで検索エンジンからアクセスされて、お問い合わせにつながる事がよくあるそうです。

●例: 研磨・加工技術データベース
http://mono.muse.aist.go.jp/mono/db-dmrc/polishing/index.html

 

7. アメブロで記事ネタ探し

アメブロなどのブログを見て、記事ネタを参考にしてみましょう。もちろん内容は、自分の言葉で書く様に意識してみてください。


●例: 研磨会社様の場合

研磨業界に活きるGS社長のホワイトブログ
http://ameblo.jp/great-white/

堀田建具製作所 blog
http://ameblo.jp/tategu-shuichi/

山崎建設株式会社のブログ
http://ameblo.jp/yamasakikensetsu/entry-10669736142.html

 

この様に、記事ネタはたくさんあります。

まずは、記事を書いてみてください。

そして、なるべく習慣にしていただいて、コツコツと続けていただければと思います。

私も、以前から習慣にして、記事を書くようにしています。慣れてくると、とにかく書く事が大切だと気づくことがあると思います。

上記の内容で、どれか1つでも参考にしていただければ幸いです。


>> よくあるご質問のトップページへ