モノレッジ
お問い合わせ
メニュー

ホーム > モノレッジの特徴について


モノレッジの
特徴について

 

魅力が伝わる
レイアウト構成

で作成いたします

sampledesignimage

ホームページ作りでは、中身(コンテンツ)が何よりも大切です。

原稿はウェブブラウザから入力できる、ヒアリングシートをご用意しておりますので、例文やサンプル画像を見ながら作成していただけます。

最初から最後まで読み進めてもらえるように導線を整えて作成することでホームページの反応率(お申込み率)が上がりやすくなります。

反応率とは、何人中の何人の読者からお申込みなどのアクションを得られたかというもの。

私たちは12年以上の間に、クライアントさまのホームページや口コミサイトに掲載されている延べ数千名以上のお客様の声を拝見させていただいてデータを蓄積しています。

ここでは12年以上の制作経験で培った、より少ない訪問者数でお申込みなどのアクションにつながるレイアウトや伝え方のポイントをまとめています。

※通常レイアウトの作成も可能です。目的に合わせて作成させていただきます。

 


【注目・興味を惹く工夫】


icon最初に表示されるメインビジュアル画像で「どうなれるのか?」を伝えます

多くの方は最初に表示される画面で、「自分に当てはまる内容なの?」「目当ての情報がありそうかな?」ということを数秒で判断される傾向があります。

最初に目に入るメインビジュアル画像(文字入りのお写真)では、商品・サービスを利用すると「どうなれるの?」ということをイメージしていただきやすいように工夫。

お客様の笑顔の写真などの人物写真があると自然に目を惹きます。このように写真の活用の仕方で与える印象が変わります。


cv

 

iconキャッチコピーを作成

最初に表示される画面で興味を持っていただくためにキャッチコピー(メッセージ文章)を作成します。そしてお悩みや願望をお持ちの読者に、商品・サービスを利用すると「どうなれるの?」「どういいの?」ということを伝えます。

例えばサロンさんであれば、以前から足もとの悩みを持っていて、素敵なサロンに出会って通っているうちにサロンを始めたくなった。そうであればメインターゲット層は「自分と同じ足もとの悩みを持つ方」です。

まず対象になるお客様の「~できない」というお悩みをリストアップします。それを「~できるようになりたい方へ」「~を目指したい方へ」「~の原因をみつけるお手伝い」などのように変えるだけでもお申込み率が変わります。

目を惹くフレーズを作成するためには、できるだけ「メインターゲット層のお悩み」を明確にして、お悩みに寄り添ったフレーズで作成することが大切。


cv

 

iconスマートフォン用とパソコン用で画像を切り替えて表示

最初に表示される大きなイメージ画像は、スマートフォン用では縦長の画像を。パソコン用では横長の画像が表示されるように切り替える設定を行います。(横長のメイン画像だとスマートフォンでは縮小して表示されるので、文字が小さくて見えづらい傾向があるため)


cv

 

 

【お問い合わせ
しやすい工夫】


iconその場でお申込みしていただきやすい工夫

お客様にページを見ていただいた際に、その場でお申込みがしやすいように電話ボタンを配置していきます。配置するボタンの種類は「目的」などで変わります。

またページを読み終えた後、初回キャンペーン画像の後などは電話ボタンをタップされやすい傾向があります。そのような場所にバナー画像やボタンを配置することで、お申込みにつながりやすくなります。


cv


cv

 

iconお問い合わせフォームの項目は必要数に

お問い合わせフォームの入力項目が多いと途中で面倒になって帰ってしまう方が多いという統計データがあります。

ご予約フォームなら選択式を活用したり、注意書きをなるべく少なくするなど、お客様の手間を減らすことでスムーズにお申込みにつながりやすくなります。

「今すぐお電話ください」「ラインから友達申請をしてください」「まずは無料相談ボタンをタップしてください」というように、こうして欲しいということを明確に記載しておくことも大切です。


cv

 

 

【必要性を伝える】


iconお悩みの原因と解決策を伝える(質の高いセールス文章を作成する)

多くの方は、お悩みごとを抱えていて解決する方法を探して検索されます。そして「原因」「解決」「対策」などのキーワードを連想して検索をして、ホームページにたどり着かれます。

「原因とは?」「~の解決方法」の見出しタイトルで有益な情報が書かれてあると読み進めていただけます。最初の1文から興味を引く内容にすることが大切。

ただし、説明を意識すると難しい文章になってしまいがち。専門用語はなるべく使わないようにして簡単な言葉に置き換えたり、1つの文章をできるだけ短くしたり、読みやすいように改行をしたり、読みやすくする工夫が必要です。

わかりやすく伝えることで必要性を感じていただけますので「そのうちのお客様」から「今すぐご予約したいお客様」に一歩進んでいただける可能性が上がります。


cv

 

iconメインターゲットのお客様層に安心していただける情報を伝えます

メインターゲットになるお客様層のお悩みや願望に配慮した内容で、安心していただける情報を伝えます。

例えばママさん向けのサービスであれば、施術中に赤ちゃんが気になるママさんのために、施術ベッドの横にベビーベッドを配置している写真、または保育士さんのお写真を掲載いたします。

これまでのお客様のアンケートなどを読み返していただくと、「こちらはキッズルームがあるので安心して通えます」などのヒントがたくさん書かれていると思います。

対象になるお客様のお悩みに配慮した内容でページを作成していくことが大切です。


cv

 

 

【こだわりを伝える】


icon「選ばれる3つの理由」「当店の3つのこだわり」で特徴を伝えます

商品・サービスの特徴を3つの〇〇などでわかりやすく価値を伝えます。価値とは「上位に位置づける理由になる、元からそなわっている特徴」のこと。

例えば「経験豊富なスタッフのメニュー」よりも「〇年の経験から導き出したオリジナルメニュー」と伝える方が魅力的です。

「一手間掛けている」「あえて~は使用しません」「厳選した15種類の天然由来~」などのこれまでに培ってきた経験に基づいて、こだわっていることを数字で表現したり具体的にわかりやすく伝えることが大切。


cv

 

icon対応しているお悩み・願望・メニューを伝える

お客様にサイトに訪れていただいた際は「自分のケースは当てはまるのかな?」と気になったままページを読まれている可能性があります。

そのため「私のことだ」と思っていただくことで安心して読み進めていただけます。

誰のどのようなお悩みに対応しているサービスやメニュー(手法)なのかを伝えましょう。

例えば、トップページ(最初に表示されるページのこと)や料金ページなどに「対応メニュー」という欄を作ってテキストで一覧の名前を掲載いたします。

またはバナー画像(文字入りの画像)を作成してメニューやコースを目立たせることも可能です。(※ご利用は任意です)


cv
※バナー画像は一例です

 

 

【運営者情報を掲載】


icon実績を掲載

今までどれくらいの取引数があるのか?などの実績を掲載いたします。できれば事例なども掲載しておきましょう。

その際は数字にするとより具体的になります。例えば〇%、実績数、販売個数など。


cv

 

icon運営者プロフィールを掲載

ウェブからのお申込みをされる方は、最初は不安な気持ちを抱えていらっしゃいます。

少しでも不安を取り除いたり「どんな人なの?」というような疑問に応えるために、プロフィールや創業ヒストリー、これまでの歩みなどの人柄が伝わる情報を掲載しましょう。


cv

cv

 

iconあなたの体験談をストーリーで伝えましょう

何に悩んでいて、どう乗り越えたの?なぜこの商品・サービスを提供しているの?、というようにストーリーで伝えるとあなたの魅力が伝わりやすくなります。その方針に共感していただいた方からのお申込みが期待できます。

実際に多くのユーザーが「トップページ → 料金ページ → スタッフ紹介 → お申込み」というようにページを移動されています。テーマにもよりますが、料金ページだけではなくスタッフ情報を確認される方が多く「どんな人が、どんな想いでサービスを提供されているのか?」という部分まで確認してから決める方も増えています。


cv

 

 

【共感して
いただける情報】


iconお客様の声を掲載いたします

初めてのお客様は、半信半疑の状態でページを流し見されています。実際にサービスを体験された既存のお客様の感想を掲載いたします。内容に共感していただいた方からのお申込みが期待できます。

私たちはクライアントさまのホームページ内に「お客様の声」の掲載を代行させていただくことがよくあります。10年以上の累計で数千名さま以上のお客様の声を読み、手作業で1つ1つ掲載を代行させていただきました。

お店を選んだ理由やきっかけを集計させていただき、データを蓄積しています。

対象になるお客様のお悩みに配慮した内容でページを作成していくことが大切です。


cv

 

 

【料金・価格設定】


icon初回お試し価格・初回割引キャンペーン情報

業種に限らずウェブからお申込みをされる方は、最初は商品・サービスの他との違いがわからなかったり、不安な気持ちを抱えてページを見られている可能性があります。

最初だけはお試し価格を掲示しておくことで、お申込みにつながりやすくなります。サービスを体験していただいて、またお願いしたいと思っていただければ2回目からは通常料金でご利用いただけます。

商品・サービスにもよりますが、サービス提供者側は「実際に話を聞いてみないと回答が難しい」ということはないでしょうか。お客様もこれまでの購買経験から「実際には体験してみないと合うかどうかわからない」と考えているもの。

まずは無料相談やお試し価格を掲示しておくことでお申込みしていただきやすくなります。

※キャンペーン情報は必須ではなく、ご要望いただいた時に掲載させていただいております。


cv
※1つの例です

 

【注意するポイント】

icon表現について

反応を上げるための表現方法には注意が必要です。というのもアピール力は高まりますが期待値も高まるのでお客様の2回目の再訪問などのリピートに影響します。

当プランでは刺激的な表現はなるべく使わずに「~にお悩みの方へ」「~になるための~を目指します」というような自然な表現方法で原稿づくりのお手伝いをさせていただきます。


icon「ライバル店」「自店」「お客様」の3つの視点が大切

ホームページの運営では、時にはサービス内容の見直しが必要になることもあります。

というのも近隣店にも同じことが書かれていたり、同じ価格帯の店舗が増えてしまうとお客様から見て違いがわからなくなってしまう可能性があるんです。

何かを真似てなんとなくデザインだけをかっこよくしたり、やみくもに改善をしていくとメインのお客様のニーズとズレていって反応がやや低下してしまうことも。

例えば生活感を感じる室内の配置を見直して写真を差し替えるというように、お客様のお悩みに配慮しながら「サービス・内容」と「見せ方」の見直しをセットで行うことが大切になります。


tenpo_hikaku
※「地域でおすすめのお店7選」などで紹介されている項目例


hp_value_up


icon原稿と写真などの掲載コンテンツの注意点

仮に知人などのモデルサイトを参考にしていただく際は、そのまま真似て原稿を作成してしまうと、あなたのメインのお客様のニーズとズレていってしまいます。

対象になるお客様のお悩みに配慮した内容で原稿を作成していくことが大切です。(お客様の声やアンケートを読み返してみてください)

 

 

※たくさんの施策の中の
一部をご紹介いたしました

※お一人おひとりの
相談内容に合わせて
個別に制作いたします

 

このように、ホームページでは、まずは1名さまのお問い合わせなどのゴールにつながるまでの導線を整えることが大切。

contents

まずは最初に表示される画面のメインビジュアルで利用すると「どうなれるのか」をしっかり伝えてページを読み進めていただきます。

次に、抱えているお悩みや願望に対して、原因や解決策を伝えることで必要性を感じていただけます。

不安な気持ちをなるべく取り除いてあげるためにも安心感や信頼感が伝わるようなコンテンツを配置。他との違いやこだわっていることをわかりやすくまとめて魅力を伝えます。

初回のお試し料金を掲示して心理的ハードルを下げていただいて、その場でお申込みしやすいようにタップして電話がつながる「電話ボタン」を固定表示。

訪れていただいたお客様にスムーズにお申込みにつながるように導線を整えながらページを作成いたします。

※通常レイアウトの作成も可能です。

iconモノレッジの料金ページへ




ページトップに戻る