モノレッジ
お問い合わせ
メニュー
お問い合わせ

ホーム > SEO対策について


SEO対策について

 

iconSEO対策とは?

work_design20

SEOとは、検索エンジン最適化のこと。

GoogleやYahoo!の検索エンジンのキーワード検索結果で、自分のホームページが上位に表示されるための一連の取り組みをSEO対策と言います。

icons

Googleでは、検索順位の決め手になるアルゴリズム(評価の計算方法)は非公開となっていますが、Googleの公式ガイドにて推奨項目は公開されています。

ホームページのSEO対策については、Googleの公式ガイドで推奨されている抑えておきたいポイントや、気を付けるべきポイントがあります。

そこで、私たちがGoogle検索や、Googleマップなど検索エンジンからの訪問に合わせて、最初にSEO対策が施されたホームページをお作りします。

制作後は、SEO対策に関する不明な点をご相談いただけます。

seo_ex

なお、Googleでは検索ルールの見直しを伴うアップデートを年に数回実施されていますので、おもにGoogleの推奨項目をより良くしていくためのサポートを行っております。

実際にウェブサイトを10年以上運営しており、SEO対策のノウハウを長年蓄積していますので、まずはお気軽にご相談ください。

※結果には個人差があります。予めご了承くださいませ。


 


iconSEO対策の場所について

icons

Googleの検索エンジンでは、検索窓にキーワードを入力すると、検索結果が表示されます。

「駅名 + 業種名」「地名 + 業種名」「地名 + サービス名」などの地名が入ったキーワードで検索をすると、Googleマップが表示されます。

その下に10サイトが表示されています。こちらの自然検索結果で上位表示を目指していくための取り組みがSEO対策です。

自然検索結果とは、いわゆる通常の検索結果のことで 「自然検索」「オーガニック検索」「ナチュラル検索」とも呼ばれています。

seo_place


flow_arrow_o


icon拡大した画面のご説明です


search_seo_place



 


iconSEO対策で大切なこと

たくさんのページがある中で、一体どのようなホームページが検索エンジンで上位表示されているのでしょうか?気になりますよね。

catalog

Googleの公式サイトによると、ユーザーが探している情報に対して、関連性と信頼性の高い情報を、瞬時に探し出して提供することを目指しています、と書かれています。

Googleはよく検索エンジンのことを「図書館」にたとえています。ウェブサイトは「書籍」です。

あなたは本屋さんで、著者情報やタイトルや目次を確認して、知りたい情報が書かれている項目を探して読み進める、というような経験はないでしょうか?

work_design

同じように、人は何かしらの目的があって「よい方法・ノウハウ・手段」を得るために検索エンジンを利用されます。そして目当ての情報が得られそうなキーワードを考えて入力してホームページに訪問されています。

大切になるのは、体験に基づいた情報であるかどうかです。実体験に基づく情報は「読み手が知りたいこと」ですよね。

うまくいくコツ、気を付けるポイント、あまり効果が期待できないことや失敗談、などの実体験に基づく情報は、とても有益な情報になります。

SEO対策というと、技術的(テクニック)なものを追い求めたり、連想される方も多いかもしれません。今の検索エンジンは、人の手やAIなどを駆使してページ内容を理解する精度が向上しています。

検索エンジンは、情報の信頼性を重視しています。わかりやすくいうと、経験がない素人の方のサイトよりも、実際に経験や体験がある方のサイトの方が評価されやすい傾向があります。

検索エンジンの視点で考えると、少し調べただけの内容が薄いページを上位表示してしまうと、知りたい情報が適切に得られないので検索ユーザーの利便性が低下してしまいかねませんよね。

「このサイトの提供する情報は有益そうだ」「求めている情報が含まれている」と、ユーザーや検索エンジンに評価してもらうための取り組みがSEO対策(検索エンジン最適化)になります。

※そうはいっても、キーワードの記載の仕方、フレーズの書き方などはまだまだ重要です ^ ^

またスマホで見やすくしたり、ページの表示速度を早めたり、最初から最後まで読まれやすいように写真や画像で分かりやすくするといったことも推奨されている項目になります。


 


iconSEO対策に配慮したホームページ作りのポイント

ホームページのSEO対策については、Googleの公式ガイドで推奨されている抑えておきたいポイントや、気を付けるべきポイントがあります。

そこで、私たちが検索エンジンからの訪問に合わせて、最初にSEO対策が施されたホームページ作りをお手伝いさせて頂きます。

ホームページ制作の際は、最初にホームページのテーマ、コンセプト、ターゲット顧客層(想定読者ターゲット)などをお伺いします。

次に、その情報を探しているユーザーがどんなキーワードで検索しているのか、どんな情報を求めているのか、をお調べいたします。

その際に、対策キーワードが月どのくらいの方に検索されているのか(月間検索回数)などの需要調査や、難易度についてもお調べします。

icon検索キーワードの例

woman07

〇〇市の整体or整骨院
「地名 + 整体」や「症状名 + 整体」

女性専門のマンツーマン〇〇
「サービス名 + 女性」や「サービス名 + マンツーマン」

マタニティフォト専門の出張撮影
「マタニティフォト + 出張撮影」

トイプードルの可愛いカットのトリミングサロン
「トイプードル + トリミング」

バレエのためのピラティス教室
「バレエ + ピラティス教室」

クロスステッチの刺繍教室
「クロスステッチ + 刺繍教室」

対策キーワードで検索されるユーザーのお悩みごとやご希望のサービス内容、どんな情報を求めているのか?などをお調べしていきます。

search_keyword_sample

そして、ユーザーの目線に立って、商品・サービスの特徴や魅力がわかりやすく伝わることを心がけてホームページをお作りします。

以下のような項目に取り組みます。

icon_listサイトの内部で行う対策(全般)
icon_listメインキーワードに合わせたサイト設計
icon_listキーワードの月間検索回数などの需要調査
icon_listキーワードの難易度調査
icon_listSEOスターターガイドに基づく検索エンジン最適化をサポート

icon_list検索エンジンに表示されるページタイトル文の作成
icon_list検索エンジンに表示される紹介文の作成

icon_list見出しタイトル文の作成
icon_listユーザーが求めている内容であるか
icon_list疑問を解決している有益な情報であるか(回答性)
icon_listサービス内容はわかりやすいか

icon_listプロフィール情報の充実・経歴・資格など
icon_list実際の経験や体験に基づいている情報であるかどうか
icon_list信頼性の高い公的機関・団体などのデータの引用(情報の信頼性の向上)
icon_list正確な情報であるかどうか(信憑性の低い情報は低評価要因)

icon_list読み手が読みたい情報のアドバイス
icon_list話しかけているような、わかりやすい文章
icon_list読みやすい文章(専門用語をわかりやすくする)
icon_list読み手の理解を助ける写真やイラストやデザイン画像の掲載

icon_listパンくずリストの作成
icon_listわかりやすい階層での作成
icon_list内部のHTML構造の調整

icon_listページの表示速度を早める工夫を行います
icon_list写真を軽量化して表示を早める工夫
icon_listSSL暗号化通信への対応
icon_listスマートフォンで見やすい工夫
icon_listスマートフォンで問合わせしやすい工夫
icon_listレスポンシブ ウェブデザインへの対応

icon_list自身のサイトの外部で行う対策に関するアドバイス(全般)
icon_list業種・サービスに関連するポータルサイトのご案内・アドバイス
icon_listマイナスに作用する低品質コンテンツの改善
icon_listやってはいけないSEO対策のアドバイス(全般)

ご紹介した内容は一部です。

SEO対策でよい状態を続けるためには、ユーザーが知りたい情報を提供すること、情報の信頼性を高めること、そうやってウェブサイト全体の評価を底上げすることが大事。

一方で、信憑性が低い情報を書いてしまっていないか、NGワード・NG表現をしていないか、などの気をつけるべきポイントもあります。

過度なSEO対策をサイト内に盛り込まないでおくことも大事になってくるので、SEO対策において好ましくない状態を減らせるよう配慮いたします。

実際のホームページ制作の際は、レスポンシブデザインでお作りしていきます。

レスポンシブとは、PC、スマートフォンなど、横幅が異なる端末の画面サイズに合わせて、自動でレイアウトを切り替える技術です。

検索エンジン最適化との相性がよいなどの理由から、Googleもおすすめしています。

私たちは実際にウェブサイトを10年以上運営しており、SEO対策のノウハウを長年蓄積していますので、まずはお気軽にご相談ください。

※結果には個人差があります。予めご了承くださいませ。


icon地域密着型の業種の検索エンジン対策について

地域に密着した会社や教室、店舗系サービスはGoogleマップの最適化が重要になります。

iconGoogleマップエンジンの最適化について


icon情報の信頼性を高める方法

検索エンジンでは「情報の信頼性」が重要視される傾向があります。

例えば、行政機関や専門団体などが提供している専門性の高い公式サイトの情報を引用して紹介することも、情報の信頼性を高める方法の1つとなります。

(例)「厚生労働省の~調査によると、〇〇が要因の1つと言われています。その〇〇にアプローチするサービスです」


iconSEO対策に配慮した文章フォーマット「PREP法」

SEO対策に配慮しながら、わかりやすい文章を作成したい場合は、こちらの文章フォーマットで文章を作成してみてください。

iconSEO対策に配慮した文章フォーマット「PREP法」

 


iconここがポイント!

過度なSEO対策はNG

なるべく早く順位を高めたい方も多いと思いますが、過度なSEO対策を行うと順位低下につながる可能性が高まります。

Googleは「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」「品質評価ガイドライン」などのSEOのガイドラインを公開しています。

よくウェブサイトは更新や量が大事といわれていますが、だからといって順位を上げるために、内容が薄いページを増やし過ぎる、キーワードを詰め込み過ぎる、内容が重複したページを増やし過ぎる、 といった行為は順位低下の原因になってしまう可能性があります。

検索エンジンの視点で考えると、内容が薄いページを上位表示してしまうと、知りたい情報が適切に得られない可能性があるので、検索ユーザーの利便性が低下してしまいかねません。

一方で内容量が多ければよいわけでもありません。ユーザーが知りたい情報にたどり着けない可能性があるためです。

例えば、スマートフォンのバッテリーを節約する方法を知りたい方は「スマホ バッテリー 節約」などで検索をされます。上位ページは1~10コほどの節約方法が紹介されていることから、読者が満足する適切な情報量を推測できます。

多くの方は数個を実行して「これでバッテリーが節約できそう」と満足してページを閉じられているのかもしれません。

SEOのために無理に量を増やして50コなどのボリュームは必要ないことがわかります。読み手もスマホで50コも設定するのは大変ですよね ^ ^;

『良い情報を、適切な量で提供する』というように、ユーザーに配慮したページ作りが大切です。

 

 

icon検索エンジン対策・SEO対策のまとめ

icons

このように、GoogleやYahoo!の検索エンジンのキーワード検索結果で、ホームページが上位に表示されるための取り組みをSEO対策と言います。

Googleの公式ガイドで推奨されている内容に沿って、そのキーワードで検索されるユーザーが知りたい情報を掲載したり、スマホで見やすくしたり、サイト構成を調整するなど、ポイントを抑えておくことが大切。

私たちがGoogle検索や、Googleマップなど検索エンジンからの訪問に合わせて、最初にSEO対策が施されたホームページをお作りします。制作後は、SEO対策に関する不明な点をご相談いただけます。

実際にウェブサイトを10年以上運営しており、SEO対策のノウハウを長年蓄積していますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。




ページトップに戻る