モノレッジ
お問い合わせ
メニュー
お問い合わせ

ホーム > SEO対策について


SEO対策について

 

iconSEO対策とは?

work_design20

SEOとは、検索エンジン最適化のこと。
検索エンジンのキーワード検索結果で上位表示を目指していく対策です。

seo_ex

キーワードとのマッチング度合いを高めるために、サイト構成を調整したり、サイト知名度を向上するための取り組みになります。

わかりやすくいうと、そのキーワードで検索するユーザーが知りたい情報が適切に得られるようにする、というものです。

なるべくユーザーファースト(読み手の視点)を心がけて、検索ユーザーが知りたい情報が得られるように配慮をしながらホームページをお作りします。

私たちは実際に自身のサイトを10年以上運営しており、SEOのルールを14年以上研究していますので、実体験に基づいてお手伝い致します。


 


iconSEO対策の場所について

Googleの検索エンジンでは、「地名 + 業種名」「地名 + サービス名」などの地名が入ったキーワードで検索をすると、Googleマップが表示されます。

その下に10サイトが表示されています。こちらの自然検索結果で上位表示を目指していくための取り組みがSEO対策です。

自然検索結果とは、いわゆる通常の検索結果のことで 「自然検索」「オーガニック検索」「ナチュラル検索」とも呼ばれています。

seo_place


flow_arrow_o


icon拡大した画面のご説明です


search_seo_place



 


iconSEO対策に配慮したホームページ作りのポイント

catalog

Googleは検索エンジンのことをよく「図書館」にたとえています。ウェブサイトは「書籍」です。

SEO対策とは、膨大な書籍があるなかで、検索エンジンに何について書いているのかをわかりやすく伝える作業です。

あなたは本屋さんで、タイトルや目次を確認してから、知りたい情報が書かれている項目を探して、読み進めていくといった経験はないでしょうか?

そもそも、人は何かしらの目的があって「よい方法・ノウハウ・手段」を得るために検索エンジンを利用されます。

そして情報が得られそうなキーワードを考えて入力してホームページに訪問されますので、実体験に基づく情報は「読み手が知りたいこと」ですよね。

つまり、あなたが真面目に取り組んで準備をして積み上げてきたものが大切。

以前と比べると、一般の方が書かれたページよりも、実務経験がある事業者や信頼性の高い団体などのページの順位が上がりやすいことから分かるように、検索エンジンは情報の品質をチェックする精度が向上しています。

SEO対策というと、キーワードを多めに記載するなどの、技術的(テクニック)なものを連想される方も多いかもしれません。

今の検索エンジンは、人の手やAIなどを駆使してページの中身の内容を理解する精度が向上していて、人のように理解するといわれています。

(そうはいっても、キーワードの記載の仕方、フレーズの書き方などはまだまだ重要です ^ ^)

検索エンジンの視点で考えると、単にキーワードが書いてあるだけだったり、内容が薄いページを上位表示してしまうと、知りたい情報が適切に得られないので検索ユーザーの利便性が低下してしまいかねません。

そして、内容量が多ければよいわけでもありません。これも検索ユーザーが知りたい情報にたどり着けない可能性があるためです。

work_design

Googleの公式サイトによると、検索エンジンは「ユーザーのニーズに一致する答えを返すこと」を目指していると書かれています。

「検索ユーザーが探している情報が適切に得られるようにしましょう」
「わかりやすく情報が提供されているか」

というように「ユーザーの利便性」に関するフレーズがよく使われています。

ユーザーファースト(読み手の視点)を心がけながら、情報を精査して、知りたい情報が得られるように分かりやすく伝えましょう。

おもに以下の項目に配慮しながらお作りいたします。

icon_list読みたくなるタイトル文
icon_list読みたくなる見出し文

icon_list著者のプロフィール文と経歴
icon_list目次・ページ構成・内容の配分
icon_list経験に基づいているか
icon_list正確な情報か

icon_listうまくいかない原因・必要なものなど
icon_list課題を解決するための手段は?
icon_list課題を解決するための流れ
icon_list話しかけているような、わかりやすい文章
icon_list読みやすい文章(専門用語をわかりやすくする)
icon_list写真やイラストやデザイン(理解を助ける)

icon_listページの表示が早いかどうか
icon_listスマートフォンで見やすいか

※結果には個人差があります。予めご了承くださいませ。

上記は1つの例です。

ホームページ制作の際は、最初にホームページのテーマやコンセプトをお伺いします。

次に、その情報を探しているユーザーがどんなキーワードで検索しているのか、どんな情報を求めているのか、月間検索回数などの需要を事前にお調べいたします。

そして、なるべくユーザーファースト(読み手の視点)を心がけて、検索ユーザーが知りたい情報が得られるように配慮をしながらホームページをお作りします。

パソコンでは通常の文字サイズでも、スマートフォンで閲覧した時に文字が小さいと、ユーザーに読みづらさを与えてしまいますので、スマホでの読みやすさを考慮。

何気なく信憑性が低い情報の掲載や、過度な誇張表現をしていないか、NG表現(NGワード)を使用していないか、古くなって今は間違った情報になっているページがないか、などにも配慮します。

SEO対策でよい状態を長く続けていくには、ユーザーが知りたい情報が得られるように検索ワードとのマッチングを高めながら、ウェブサイト全体の評価を底上げすることが大事。

私たちはSEOのルールを14年以上研究しており、長年に渡って検索エンジン・マーケティングを実践しながら学んできましたので、実体験に基づいてサポートいたします。


iconSEO対策に配慮した文章フォーマット「PREP法」

SEO対策に配慮しながら、わかりやすい文章を作成したい場合は、こちらの文章フォーマットで文章を作成してみてください。

iconSEO対策に配慮した文章フォーマット「PREP法」


icon地域密着型の業種の検索エンジン対策について

地域に密着した会社や教室、店舗系サービスはGoogleマップの最適化が重要になります。

iconGoogleマップエンジンの最適化について

 


icon上位表示されやすいのはどんなサイト?

icons

Googleの「検索品質評価ガイドライン」によるとウェブサイトの評価基準の1つに専門性という項目があります。

以下のようなケースは上位表示されやすい傾向があります。

たとえば「当教室は〇〇専門の教室です!」というように、誰にの対象者が明確な方。

またはカテゴリや専門性が明確な方は、「〇〇 教室」などの検索キーワードで上位表示されやすい状況となっております。

icon_listマタニティフォト専門の出張撮影
icon_list女性専門のマンツーマン〇〇
icon_list〇〇向けの木工教室
icon_listトイプードルの可愛いカットのトリミングサロン
icon_listバレエのためのピラティス教室
icon_listクロスステッチの刺繍教室 など。

※結果には個人差があります。予めご了承くださいませ。

woman07

私たちは、このようなサイトさまのSEOサポートや、サイトの育成サポートが比較的得意です。

とくに、これまでにSEO対策を施されてこなかったサイトさまは、最初に全体のSEO対策のセットアップを行って強化をすることで順位アップが期待できます。

SEO対策という言葉だけを聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、あなたが真面目に取り組んで準備をして積み上げてきたものが大切。

必要な項目が整理されて明確になる、選択式のヒアリングフォームをご用意しております。まずはお気軽にお問い合わせからご相談くださいませ。


 

 

iconユーザーニーズに応えるサイトを作るコツ

contents

ホームページを作る際は、よくある質問などの「疑問解決ページ」の作成をご提案させて頂いております。

なぜかというと、人は「できない」ときに解決策として商品・サービスを探しているからです。

そのキーワードで検索する人たちの「さまざまなお悩みに対応している商品・サービスであることを伝える」とよくなるケースが多いです。

例えば、お客様の「~できない」というお悩みを10~20コほどリストアップします。

ここでの注意点は、「手ぶらでも通えますか?」という基本的な質問や疑問ではなく「よくあるお悩みやお困りごと」に関しての10~20項目をリストアップすること。

音楽教室であれば「綺麗な音が出せない」というようなものです。

そして「綺麗な音が出せないのですが、出せるようになりますか?」という質問への回答を書いていきます。

「きれいな音が出せない原因の多くは〇〇です。当教室では~していきます。きれいな音が出せなくてお悩みの方は、ぜひ体験レッスンを受けてみてください」

このように、お悩みの原因を説明して、解決策として商品・サービスをご案内しましょう。

10~20項目のお悩みに対応していることを伝えているとSEO対策になります。

ホームページの制作の際は、ユーザーが求めているコンテンツの作り方についてもサポートさせていただきます。


 

 

iconここがポイント!

過度なSEO対策はNG

なるべく早く順位を高めたい方も多いと思いますが、過度なSEO対策を行うと順位低下につながる可能性が高まります。

Googleは「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」を公開しています。

よくウェブサイトは更新や量が大事といわれていますが、だからといって順位を上げるために、内容が薄いページを増やし過ぎる、キーワードを詰め込み過ぎる、内容が重複したページを増やし過ぎる、 といった行為は順位低下の原因になってしまう可能性があります。

検索エンジンの視点で考えると、内容が薄いページを上位表示してしまうと、知りたい情報が適切に得られない可能性があるので、検索ユーザーの利便性が低下してしまいかねません。

一方で内容量が多ければよいわけでもありません。ユーザーが知りたい情報にたどり着けない可能性があるためです。

例えば、スマートフォンのバッテリーを節約する方法を知りたい方は「スマホ バッテリー 節約」などで検索をされます。上位ページは1~10コほどの節約方法が紹介されていることから、読者が満足する適切な情報量を推測できます。

多くの方は数個を実行して「これでバッテリーが節約できそう」と満足してページを閉じられているのかもしれません。無理に量を増やして50コなどのボリュームは必要ないことがわかります。

 

 

icon検索エンジン対策・SEO対策のまとめ

SEO対策では、そのキーワードで検索するユーザーの知りたい情報が得られるようなサイト作りが必要になります。

なるべくユーザーファースト(読み手の視点)を心がけて、検索ユーザーが知りたい情報が得られるように配慮をしながらホームページをお作りします。

私たちは実際に自身のサイトを10年以上運営していますので、実体験に基づいてお手伝い致します。

こんな事を聞いても大丈夫かな?とご心配なさらずに、お気軽にご相談くださいませ。




ページトップに戻る