ステップ2 - まずホームページって?

Webサーバーに置かれているファイルの事

ホームページとは、Webサーバーと呼ばれるスペースに置かれているホームページファイルの事です。



ホームページのファイルについて

一般的にホームページのファイルというのは、HTML と呼ばれているファイルになります。WordやEXCELなどの様に、ホームページ作成ソフトを活用すれば、手軽に作成できます。



↑こちらがHTMLファイル


ホームページを見る場合は Internet Explorer などのブラウザソフトを使用して、URLアドレスというファイルの住所を入力する事で、ページを呼び出して表示してくれます。

それにより、ホームページを自宅などで見る事ができるんですね。


この様に、ブログなどと違って、ホームページを開始するには、まずトップページなどのファイルを作成して、Webサーバーをレンタルして、スペースを確保します。

そして、作成したHTMLファイルをWebサーバーに送ります。

その後に、Internet Explorerなどのブラウザを使用して、URLアドレスを入力して表示するという流れになります。


ホームページのレイアウトの名称

 

【ホームページの作成の流れ】

1.ホームページに掲載するテキスト&画像素材を用意する

2.トップページなどのファイルを作成する(index.htmlファイルの作成)

3.ホームページファイルを掲載する、サーバーと呼ばれるWebスペースをレンタルする

4.Web上の住所であるドメインを取得する「.com」など。(取得できるサービスがある)

5.ホームページファイルをサーバーに送る

6.ブラウザでURLアドレスを入力して、表示を確認する


以上の様な流れになります。一般的な会社ホームページでは、上記の流れで作成されていると思います。

ホームページファイルは、ホームページビルダーなどの、ホームページ作成ソフトを使用すれば、手軽に編集する事ができます。

Windowsパソコンに付属されている、メモ帳 などのテキストエディターを活用して、手作業でもファイルを作成する事は可能です。慣れてくるとこういったテキストエディターで修正するのもおすすめです。

少し手作業が必要になりますが、何回か作業を行うことで、スムーズに作成する事ができる様になります。

 

では次に、ホームページを作る目的を考えて見ましょう。

 

 3. ホームページの目的を考えよう

 

初心者でも簡単!本格ホームページの作り方16のステップ

1. ホームページで大切な事って? 9. ホームページ・ファイルについて
2. まずホームページって? 10. ホームページの注意点とは?
3. ホームページの目的を考えよう 11. 「タイトル」について
4. キーワードからコンテンツを発想する 12. まずドメインを用意しましょう
5. ホームページは準備が大切! 13. レンタルサーバーを用意しよう
6. サイトマップを考えよう! 14. ファイルをサーバーにアップ
7. 無料で使える画像素材サイト 15. ホームページの表示を確認
8. ホームページ作成ソフトまとめ(MACも) 16.アクセス解析を活用する


>> ホームページの作り方16のステップ・トップに戻る

 

 

*ささいな事でも大丈夫ですので、気になる点がございましたら、まずはお問い合わせより、何度でもご相談ください。