モノレッジ
お問い合わせ
メニュー

ホームページの目的を考えよう

目的を明確にする

icon_listホームページの作成で大切なことは目的やゴールを考えること

そもそも、ホームページを作りたいと思ったきっかけは何でしょうか?

中小企業庁の平成27年度の中小企業白書では「ホームページの開設目的」「信用力の向上」が最も多く、その次に「新規のお申込みなどの向上」となっております。

信用力の向上や商品説明などを合わせると6割ほど。販売促進と新規受注先の拡大を合わせて3割ほど。

会社(お店、教室など)の信用力を上げたい(実在する人や会社である)、新規のお問い合わせやご予約につなげたい、資料請求を増やしたい、見やすくて魅力が伝わるページを作りたい。

このようなきっかけになるものがあると思います。

なお、目的によって掲載する情報も変わりますので、代表的なホームページの目的の種類をご紹介いたします。


 

 

ホームページの目的の種類例

icon_listホームページの目的はおもに「信用力の向上」と「お申込みの向上」に分かれます


信用力の向上

icon_list自社の信用力の向上(実在する人や会社であると思っていただくため)

icon_list会社・商品・サービスの認知度・知名度を上げたい

icon_listイメージアップ・反応率アップ・ブランドイメージ(お客様に理念に共感していただくため)

icon_listブランディングをしたい(共感・信頼感・高付加価値・差別化)

icon_listGoogleマップの「ウェブサイト」に登録するため

icon_listブログなどでの情報提供(見込み客さまへの情報提供)

icon_list既存の取引先やお客様に見ていただく

icon_listギャラリーや作品公開


お申込みの向上

icon_list新規受注を増やして売り上げを上げたい

icon_listお問い合わせにつなげたい(お問い合わせ数アップ)

icon_listご予約・ご来店につなげたい(ご予約数アップ)

icon_listまずは見積もり依頼を増やしたい

icon_list資料請求・カタログ請求を増やしたい

icon_listお試し・体験モニターのお申し込みにつなげたい

icon_listメールマガジンの登録を増やしたい(登録数アップ)

icon_listスタッフ・求人募集・リクルートサイト


このように、ホームページの目的にはいくつか種類があります。

実際にホームページ制作のお手伝いをさせていただいていると、古くなったサイトをリニューアルしたい、お問い合わせ・申込み・ご予約・ご来店につなげたいという目的を持っている方が多いです。

既存のお客様や取引先の方に、見てもらうためのホームページを作りたい方もいらっしゃいます。


 

 

なぜホームページは目的を意識することが
大切なのでしょうか?

icon_list「ユーザーファースト」なサイト作りを意識する

ホームページでは、誰に向けてメッセージを届けるのかがポイント。

なぜかというと、誰に語りかけているのかが抽象的だったり、何屋さんかわからないと、お客様から見て「どうなれるのかイメージできない」というようなものになってしまう可能性があるんですね。

多くの人は達成したいことや解決したいこと、お悩みごとなどの意図があって課題を解決するための手段を探してホームページにたどり着きます。

ホームページの役割の1つは、お客様の「お悩みを解決するための手段のご提案」や「目標の達成」や「望みの実現」をサポートすること。

例えば、ホームページの目的が「お申込みの向上」という場合は、ユーザーファーストなサイト作りを心がけることが大切になります。

読み手が「誰」なのかを想定して、年齢、性別、背景、ニーズなどをよく調べて、読み手の知りたい情報が配置されているサイトです。

売り手の視点であれこれ詰め込んでしまうと、うまく伝わらなかったり、ユーザーが知りたい情報にたどり着けないということにもなりかねません。

どのように解決していけるのか、などの探している情報にたどり着きやすいように、スマホでも読みやすくしたり、分かりやすく情報を整理したり、伝え方も大切になります。

まずはユーザーファースト(読み手の視点)を心がけながら、知りたい情報が得られるように視覚的に分かりやすく伝えて、スムーズに申込みに繋がるようにページ内の導線を整えましょう。



icon_listまずは下記について書き出してみてください

icon_list誰に (どんな「お悩み」や「望み」を抱えているお客様に)

icon_list誰が (〇年の実績がある~が提供するサービス)

icon_listどのように (商品・サービス内容・課題を解決するための手段)

icon_listどうなれる (利用することで、どうなれるの?)

icon_listいくらくらいで (いくらくらいかかるのか)

読み手の知りたい情報を適切に配置して、1つ1つ疑問に応えていくことでページを読み進めていただけます。

ただし、必ずしも情報が多ければ良いわけではありません。

目的に合わせて必要な情報を精査して掲載したり、レイアウト配置、ページ内の導線を整えることで、スムーズにご予約・お申し込みなどのゴールに結びつきやすくなります。

ここで注意して欲しいのは、最初から完璧を求めすぎてしまうと、どうしても時間やコストがかかってしまうということ。思ったよりも作成するのが大変ということにもなりかねません。

ホームページの作成後に、良い素材が揃えられるケースが多いと思いますので、まずは小さく始めて育てていきましょう。


 

 

目的を意識しながらターゲット層を明確にしましょう

contents

どのような顧客層に向けたホームページなのかによって、伝えるメッセージも変わってきます。

例えば、ホームページの顔になるメインビジュアル画像のキャッチフレーズや、こだわりのポイント、選ばれている理由、などの内容も変わります。

まずは対象顧客層(ターゲット層)を明確にしておくことが大切。

見込みのお客様が知りたいことは、課題を解決するための手段(どのような方法やノウハウなの?)ということですので、知りたい情報が得られるように視覚的に分かりやすく伝えましょう。

ページが表示された時に、お客様のお悩みに配慮した内容になっていれば興味を持って読み進めていただけます。

お申し込みやご予約などの目的の達成につなげるために、ページ内の導線を整えましょう。


【目的(テーマやコンセプト)の例】

例えばサロンさんであれば、以前から足もとの悩みを持っていて、素敵なサロンに出会って、通っているうちにサロンを始めたくなった。 もし、そうであればメインターゲットになるお客さまが「自分と同じ足もとの悩みを持つ方」になります。

なので、「フットケアサロン」 「自分と同じ足もとの悩みを持つ方からお申込みが増えるような基本的なホームページ作り」が目的(テーマやコンセプト)になります。

 

 

ホームページで目的を実現するために「お客様」「自社」「競合サイト」の3つを意識する

3C分析

ホームページからの問い合わせ向上、などの「目的」を実現していくためには、「自社」「お客様」「競合サイト」の3つの視点を意識しながら自分たちの方向性を意識してメッセージを伝えていくことが大切です。

なぜかというと、お店なら近隣店の沢山のHPにも同じことが書かれていると、お客様から見て違いがわからなくなってしまう可能性があるんですね。

お客様が知りたい情報はどんなものか?を考えながら、お店の個性・持ち味・特徴などを書き出して、ホームページに反映しておきたいところです。

例えば、「一般的には、〇〇は~することが多いようです。私たちは~にこだわっていて、最大限に活用してお手伝いをします」というようなもの。

できることや得意なことを伝えたり、こだわっているポイントなどの違いが伝わるような情報を掲載しましょう。

また、ホームページ作成後のサイトの育成の際も、なるべく「お客様」「自社」「競合サイト」の3つを意識するようにしてみてください。


 

 

ホームページの目的についてのまとめ

いかがでしたでしょうか?

ホームページを作る際は、最初に目的を考えるところから始めてみてください。

そして、読み手が誰なのかをイメージして「ユーザーファースト」を心がけながら、知りたい情報が得られるように視覚的に分かりやすく伝えて、スムーズにご予約・申込みなどのゴールに結びつくようにページ内の導線を整えることが大切。

最初から完璧を求めずに、まずはその時点での情報を集約してまずは小さく開始して、あとから少しずつ必要な情報を追加してブラッシュアップをしながら、目的が達成できるホームページに育てていきましょう。

 

 4. キーワードからコンテンツを発想する

 

 

初心者でも簡単!本格ホームページの作り方16のステップ


>> ホームページの作り方16のステップ・トップに戻る

 

 

モノレッジ

※気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせよりご相談ください。