HOME > ホームページリニューアルのコツ

2つのキーワードで検索上位表示したい方の、2サイト分割のコツ

2012年 4月 16日

検索エンジンでの検索結果で、2つのキーワードで上位表示をしたいというご相談をよくいただきます。

サービス名などによって受注内容が違うので、こういった悩みをかかえている方が多いのではないかと思います。

そのため、トップページのタイトルにたくさんのキーワードを詰め込まれているサイト様が多いようですが、たくさんのキーワードが入っていて、タイトルが長いと、それぞれのキーワードの強調性が弱まります。

タイトルは短いほどいいと言われていて、いろんなキーワードが入っていると、1つのキーワードのテーマ性などが弱くなる可能性がありますので、本来は別の専門サイトなどを作成されるのが良いかもしれません。

ちなみに、他にも理由がありまして、あまり長いと、検索結果でお店の名前までが表示されないので、よくないと思います。

「デザイナーズハウス」「分譲」などの記載したい言葉は、メタ情報のサイト紹介文などのところに記載いただければと思います。

こちらも検索エンジンの検索結果で表示されます。

それから、基本的な事になりますが、できれば「神戸市 新築」という目標のキーワードは前の方に配置しましょう。

ルミモザイク・ハウスという工務店さんの場合は、「神戸市の新築 |ルミモザイク・ハウス」という様なイメージです。

検索エンジンでは、タイトルが重要なポイントになります。目標キーワードを一番前にするなどがおすすめです。

  

●どうしても上位表示したいキーワードが2つある場合

上位表示をしたいキーワードが2つあるという場合は、できればサイトを分けた方がいいと考えています。下記の様な感じです。

(*制作会社の立場としまして、その方が仕事があるから、そう言っているというわけではありません(^ ^;))

 
1サイト目: 神戸市の新築なら 【ルミモザイク・ハウス】

2サイト目: 神戸市のマンションなら 【ルミモザイク・ハウス】

 
というのも、検索エンジンでは、どちらも競争が激しいため、1つのサイトでは上位表示が難しい傾向があります。

また、外部のサイトなどに、どのキーワードでリンクをしていただくかが順位に影響します。

(さらに…)


ネイルサロン様のHPリニューアルで、サロン常連客様を交えての打ち合わせ

2011年 3月 28日

先日、数年前からお世話になっているネイルサロン様からホームページリニューアルのご相談を頂きまして、打ち合わせをさせていただきました。

数年前に、新規でホームページを制作させていただいたのですが、新規ページの追加だったり、メニュー内容の改訂などもあり、ホームページリニューアルのご依頼をいただいておりました。

トップページの本文の追加、メイン画像の追加、新しく取得した資格情報を掲載したり、モデル募集などの告知ページを作成する事になりました。

8割以上がリピーターさんというサロン様で、いくつかアピールポイントがあると感じたため、トップに掲載するためにサロンのコンセプトをまとめて提出していただくことに。

実はその際は、常連のお客様ともご一緒させていただく事ができまして、大変貴重なお話をたくさん聞く事ができました。

ちなみに、今でこそ常連さんになっていただいているそうですが、最初にネイルサロンを知ったきっかけは、知人の方の紹介だったとのこと。

友達のエクステを見て、「きれい!」と感じて、教えてもらったのがきっかけとの事でした。

それから常連さんになっていただいているみたいですね。

意見をたくさん出していただく事ができまして、ホームページに「スタッフの写真を掲載したらいいのに」とか、「こんなページを作ったら?」という様な提案までしていただきました。

そちらのお客様には、写真を撮らせていただいたり、掲載させていただいたりしているので、とてもありがたいです。

それから、スタッフの方と場所を変えて打ち合わせをしました。

当初のホームページリニューアルから、追加がたくさん出てきました。

「こんな事もできませんか?」

「こういうのって効果あるんですか?」

という様なご要望や相談をいただきました。

そして、ご意見をまとめさせていただき、追加でページ制作のご依頼をいただくことになりました。

次のお客様のご予約の時間まで打ち合わせが続いてしまいまして恐縮ですが、貴重な時間でした。本当に感謝です。

今回は、常連客様との打ち合わせができて本当によかったです。これもアットホームな雰囲気で、常連客様に信頼されているからできる事。

ネイル・サービスに満足されていないお客様では、こういったお願いはなかなかできません。

ホームページの制作者や、お店の方だけでは、どうしても偏ってしまいがちです。実際のサービス体験者の方のお話は貴重だと改めて感じました。

これを読んでいただいているお店の方や、会社の方でホームページリニューアルを検討されている場合は、可能であれば、ぜひお客様を交えて打ち合わせしていただければと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。


ごあいさつでは、独自性などのアピールポイントを伝えよう!

2011年 2月 16日

ホームページは、ただ作成するだけではなく、SEOやPPC、またはソーシャルメディアからのアクセスを考慮して作成しなければいけないと思います。

また少ないアクセスでも成約につながるサイトにするには、いろんな工夫が必要になります。

その中でも「ごあいさつ」などの自己開示コンテンツは重要です。

なぜサービスを始めたのか?モットーは?独自性は?などの物語を読んでいただく事で、少しでも興味を持っていただいたり、共感していただける事があるんですね。

レストランの場合、よく「本場の味を学んできたイタリアン」「実際にイタリアの素材を使用しています」などのアピールポイントがあるのですが、

僕の場合は、「激戦のテーマ&キーワードで検索エンジン上位表示サイトを複数運営しているホームページ制作サービス」「実際にWebから注文をもらっています」になります ^ ^

 

この様に、独自性を考えることはとっても大切です。

お客様の感想や声をいただいたり、なぜ選んでいただけたのか?を考える事でみつかる事も。

そういった内容を掲載する事で、その人らしさが出たホームページになるので、成約率を高めるコンテンツになる事が多いです。

 

今日も、お客様と話をしていて、新しい発見がいくつかありました。

先ほど上げた、

「激戦のテーマ&キーワードで検索エンジン上位表示サイトを複数運営しているホームページ制作サービス」

「実際にWebから注文をもらっています」

というアピールポイントをもっと掘り起こして、

これからも、ただホームページを作るだけではなく、そういった運用面でのアドバイスができる様に、勉強していこうと思います。

少しでも参考になりましたら幸いです。

いつも読んでいただいてありがとうございます ^ ^


自社の特徴の伝え方でホームページは大きく変わる!

2011年 2月 12日

以前にアドバイスさせていただいた、整体院・接骨院の方から、うれしいメッセージをいただきました!とってもうれしかったので、ご紹介させていただきますね。

「アドバイス頂き、トップページだけですが少し改善してみました。
キーワードで1位をキープ出来ています。
それに加え、グーグルマップやヤフー地図にも上位掲載される様になってきた為、
今後ホームページからの集客がより一層楽しみになってきました。
これも親切にアドバイス下さったナルさんのお陰だと思っています。
改めましてありがとうございます」

 

この様に、うれしいメッセージをいただいたのですが、僕は少しお話させていただいただけなので、ほとんど、この方の努力なのですが、お気持ちがうれしかったです。

自分の言葉で書いた文章量、お客様の声、掲載歴などの素材集めに真剣という事が、そういった成果につながっている原因だと思います。

 

それから、今後もオフラインでの集客も精一杯やりたいとお話されていて、「飛躍出来る様頑張って行こうと思います」という力強い、ポジティブな考え方をされていました。

確かに、SEOやPPC広告などは数ある集客の中の1つの媒体だと思います。

*ただし、今だに成約率は高いので有効な媒体です。私もWeb上でたくさんの成約をいただいております。

ですが、商店さんの新規集客の場合は、ホームページだけではあくまでも受身ですので、ポスティングなどのこちらからのアクションをからめると良いのではないかと考えていています。

また、以前からよく言われていますが、既存のお客様には、ニュースレターや誕生日DMなどを定期的に送るのも大切だと思います。

 

普段から、ホームページの更新、アナログ営業、アフターフォローを継続的に行っていく事で、来店促進につながるのではと考えています。

過剰な期待をせずに、(反応がないと途中でやめてしまう方が多いので・・)

サイト更新、ブログ更新、つぶやき、ニュースレターなどなど、頭で考えすぎずに、習慣にする事が大切だと思います。

僕もとにかく習慣にしてこなしています。1年~数年後に育っていれば良いというスタンスです。

後で振り返った時に、かなりの量になっている事が多いです。

 

■自社の特徴の伝え方でホームページは大きく変わる!

サイトを作って運営しているけれど、Yahoo!がGoogle化してから、アクセスが少なくなった・・。

など、Web環境の変化を感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

Google検索で上位表示をして、継続的に成果が出るホームページに育てるには、テクニックだけでは難しいです。

 

サービスはいいのに、「なぜだろう・・?」

という場合は、自社サービスの特徴を伝えていない事が多いです。

 

●なぜそのサービスを始めたのか?

●どんな困難があったか?どう乗り越えて、独自の技術を磨いてきたのか?

●どの様にお客様に喜んでいただいている?

●実績は?

●メディア掲載例は? (第三者の視点)

といった、なぜそのサービスを選ぶ必要があるのか? を伝える事が大切だと思います。

トップには、

覚えやすいキャッチコピーを考えて、ホームページに掲載するのもおすすめです。

そして実績や、お客様の声を集めて掲載する。(10~20など) 多いほど真実味がでてきます。

この様に、安心感や価値を伝え続けるという事が重要です。

これらは一度作って終わりではなく、日常的に追加したり、更新していかなくてはいけません。

例えば、私が担当しているホームページのお客様では、会った人の数を掲載していて、日々更新されています。*目指せ●●人!とう様に目標の数値も掲載しています。

お客様の声を追加したり、実績の数も更新したいところです。

 

一度の訪問で、お問い合わせにつながる場合と、何度も訪問して、お問い合わせにつながる場合があります。

その時に、お客様に関する情報が更新されていると、「お客さんはいるみたいだな」と感じていただく事もあると思います。

 

この前も、メディア掲載などを奥のページに1行だけ掲載してあるだけだったり、たくさんの方のホームページを見て、もったいないと感じました。

信頼アップにつながる情報は、積極的にトップページやサイドなどで掲載したいところです。

とにかく継続してお役立ち情報の記事を書いて読んでいただく、ハガキ、ニュースレター、またはメールマガジンを送る、という事が大切だと思います。

 

最後は気配りの差だと思います。人の想いを感じる事ができれば、選んでいただける事もあると思います。

例えば、美容室の方で、お帰りの際に次回の予約電話の10円をお返しする所もあります。

帰る時には、さっと靴べらを渡してくれたり、自分の姿が見えなくなるまで、見送りをしてくれるマッサージ店もあります。

この様に、たくさんのお店を見ていると、こういった細かい気配りの差が来店につながっていくのだと感じています。

少しでも参考になりましたら幸いです。


今すぐできる!自作の方のホームページリニューアル18のポイント

2011年 1月 7日

約10年前になりますが、僕も最初のころは、ホームページを自作していました。

ファイルを作成して、FTPアップロードをして、ブラウザで表示を確認して・・。

数十ページを手作業で修正していましたので、大変な作業だったのを覚えています ^ ^

 

おかげさまで、

現在、2件のホームページリニューアルを担当させていただいております。

そのうちの1件の方は、ホームページビルダーで自作をされていたんだそうですが、
今回やはりプロの方にお願いしたいとの事で、ご依頼いただきました。

もう1件の方も、友人に作成していただいたけれど、やはりプロの方にお願いしたいという言葉をいただきました。

 

会社や商店の方で、ご自身でホームページを作成されている方も多いと思います。

ですが、今後はライバルもさらに増えて、

ただホームページがあるというだけでは、反応の出るホームページを作ることは難しいと思います。

もしライバル店のサイトが、プロに頼まれると・・あらゆる面で追い抜かれてしまう可能性があります。

そこで、ここだけは注意しておきたいポイントを簡単にご紹介させていただきます。
ご自身でも今すぐできるホームページの見直しポイントになります。

ご自身でできる事もたくさんあると思いますので、見直しをしてみてください。

★『大阪にあるフェイシャルエステ「Face Herb」のお店のサイト』 の場合でお話させていただきます。

 

【ホームページの内部要素】

1. メインキーワードを意識して作成

→タイトルに「フェイシャルエステ 大阪」を含める

 

2. 各ページのタイトルにキーワードを含める

→フェイシャルのサービス紹介ページが「フェイシャルエステについて」というタイトルだった場合は、「フェイシャルエステ – 大阪のエステサロン Face Herb」という様に、キーワードを入れる。

 

3. 文章量を増やす(他のページと重複しない様に注意)

→200文字程度の文章量のページは、なるべく500文字以上のテキストを入れる

 

4. 他サイトとの違いに関する内容を掲載する

→トップにはお客様が安心できる要素をたくさん掲載しましょう。例えば、「実績の数や資格の名前」「誰がやっているのか??他と比べてどう技術がすごいのか?」「オーガニックなモノを使用している」

「お客様の声が多いのか、満足されているか?」「メディア掲載歴はあるか?」

これらの情報をトップページのなるべく上の方に掲載しましょう。

イベントなどの参加写真、フリーペーパーでもいいので、メディア掲載などがあれば、実在するお店だと認識してもらいやすいです。

 

5. モデルのイメージ写真ではなく、運営者やお客様の笑顔の写真を掲載

→できれば、モデルなどのイメージ写真ではなく、実際の現場の風景や、お客様の笑顔、または自分がエステをしているところなどの写真を掲載しましょう!

 

6. 写真の質を良くする

GIMPなどのフリーソフトを活用すれば、写真を補正してキレイに修正する事ができます。プロの方では、Photoshopというソフトを活用するのが一般的です。

また、人が写っている写真をたくさん掲載する事で、安心感を与えることができます。

自己紹介をする場合は、自分の似顔絵のイラストでも大丈夫ですので、用意して掲載してみてください。

 

7. お客様の声を掲載する(などなど、人を感じる要素を掲載)

→実際に体験していただいた方の、感想を掲載させていただきましょう。500円のキャッシュバックなど、またはプレゼントなどをすると、書いてもらいやすいです。

次に、

サイトを育てていくためには、運用面でも改善しなくはなりません。

 

【ホームページの運用方法】

8. アクセス解析などのルーツを設置して、料金ページなどにつながっているアクセス元をを調べる

(無料ブログなどに用意されているアクセス解析ではなく、Googleアナリティクスなどを設置する)

Googleアナリティクスなどを設置して、お客様がどのページを見たのか?などアクセスを調べましょう。

 

9. 新しい記事を追加する

→新しいページを追加して、サイト全体の情報量を増やしましょう。

 

10. どんな記事が読まれているかをチェックする

→アクセス解析から、お客様がどの流れでページを見ているのかを調べましょう。

Aさん(トップ→フェイシャル→プロフィール情報→アクセス情報)

Bさん(トップ→割引情報ページ→他サイトへ移動)

この様に、アクセス情報にたどり着いた方は、検索エンジンどのキーワードからやってきたのか?などを調べます。

 

11. 記事の内容を修正していく

→すぐに帰ってしまうページを見つけたら、内容が薄い可能性があります。内容を充実させましょう。

 

12. お役立ちコラムなどを用意する

→スキンケアのノウハウなど、お役立ち情報のコーナーを用意しましょう。

 

13. 相互リンクなどを依頼する

→関連するサイトと相互リンクの依頼をしましょう。「フェイシャルエステ リンク」などで検索する方法もあります。
(情報が少ない、フッターに金融など関連しないリンクだらけ、といったサイトには依頼しない様に注意)

 

14. 無料ブログを運営して、メインサイトにリンクを掲載する

アメブロなどを運営して、サイドバーなどに、こちらがお店のサイトです、という様にリンクを掲載しましょう。

 

15. 業種別の専門リンク集などに登録

→フェイシャルエステに関するリンク集に登録しましょう。

(情報が少ない、フッターに金融など関連しないリンクだらけ、といったサイトには依頼しない様に注意)

 

16. 地域のポータルサイトに登録

→大阪タウンなどの様な地域のポータルサイトをみつけて、お店情報を掲載させてもらえるコーナーがあれば、登録しましょう。

(情報が少ない、フッターに金融など関連しないリンクだらけ、といったサイトには依頼しない様に注意)

 

17. Yahoo!カテゴリ、Jリスティングなどを検討する

→Yahoo!カテゴリ、Jリスティングに登録するのも1つの方法です。

予算があればですが ^ ^

 

18. PPC広告を活用する

→GoogleやYahoo!の検索エンジンでは、検索結果の右側などに1クリック40円~などで広告を出せるので、活用しましょう。
(月に1万円など予算を決めて出稿できます)

 

・・という様に

少し上げただけでもたくさんあるのですが、

ホームページを自作をされていて、なんとか良くしたいんだけど・・と感じている方は、
ぜひ一度、上記の点などを参考にして、ホームページをリニューアルしていただければと思います。

ですが、サイトを育てていく運用方法の面で、どうしてもわからない事が出てくると思います。
そういった際はプロに相談してみてください。

少しでも参考になりましたら幸いです。


制作会社に質問するポイントとは?

2010年 12月 23日

ホームページリニューアル制作会社に質問するポイントとは?

●料金について

●サーバー設置の代行はしてもらえますか?

●その後にかかる費用は?

●お支払方法は全て前払いでしょうか?
 
 
 
■制作会社に伝えること

●以前のサイトのURLアドレス

●どの様なテーマのサイトか?(癒しがコンセプトなど)

●ページ数について

●利用しているサーバー名

●ブログやツイッターもやっている場合は、そちらも伝える

●携帯HPのQRコードを掲載してほしいなど

→この額までというとそのプランで用意してくれる所もあると思います。

(会社などの場合は、予算によっては、そのご予算ではお受けできません・・という様に、お断りされる事も多いかもしれません)


デザインのイメージを伝える方法は?

2010年 12月 22日

あなたのホームページ・デザインのイメージを、HPリフォーム制作会社などに伝える方法なんですが、いくつかの方法があります。
  
 
●手書きの紙をデジカメで撮影した画像

イメージ案を手書きなどで、紙に書いていただいて、デジカメなどで撮影した画像を送っていただく方法です。

または、ホームページの訂正箇所を書いた用紙をスキャンするなどして、メール添付して送信してください。
 
 
●ワード

オフォスソフトのWordを活用して作成したデータなど。
 
 
●イラストレーター

イラストレーターを活用して作成したデザインファイルなど。
 
 
●PDF

デザイン案のファイルでお渡しいただく形です。
これらをメールに添付して送って、イメージを伝える方法があります。

少しでも参考になりましたら幸いです。