モノレッジ
サイトメニュー
ホーム > ブログ・ホーム > SEO > ホームページは複数が主流!?自社グループサイトを運営しよう!

ホームページは複数が主流!?自社グループサイトを運営しよう!

2012年6月10日


最近は自社でサイトを複数作成するほうが、SEOやPPCにかける予算も無駄にならないので、注目されていると感じます。

独自ドメインでホームページをあと1つほど作成する方法です。無料ブログなどではなく、ドメインでのホームページです。

なぜかと言いますと、検索エンジンでは、会社ホームページが1つだと、表示されるキーワードに限りがあるためです。

(もちろん、検索エンジンだけを意識しているわけではありません)

そのため、切り口を変えた会社ホームページが3つ以上はある、という会社やお店などが増えています。

例えば、整体院様の場合、「小顔矯正」など施術メニュー別でホームページを作成する。

さらに、「肩こり解消レシピ」などの専用サイトを2つほど運営して、複数のサイトでグループサイトで相互リンクをして、価値を高めていく方法です。

*ちなみに、相互リンクのコツですが、トップページ、またはリンクページなど1つのページからリンクしてみてください。

最近では、ペンギンアップデートなど、Googleのアルゴリズム変動によって、より厳しくなっています。

特に、ブログのサイドバーなどから、キーワードのリンクを全ページに掲載していると、目をつけられやすいので、注意してみてください。

ホームページのコンテンツですが、1ページ500文字以上の記事を週に1~2記事ほど投稿する感じです。

大変かもしれませんが、チラシも自分でやる場合は、1000枚以上ポスティングをしたり、時間が必要です。

習慣にすれば、全然可能です。僕も複数のサイトで、記事を更新しています。

本業をしながらやっていますので、数サイトの更新は可能です。

逆に、それくらいして初めて、他との差が生まれて成果につながるのだと思います。

あなたが検索エンジンで調べ物をする際に、上位のサイトにはお役立ち情報が必ず掲載されていると思います。

そして、問題が解決できると、「ありがとう」という気持ちが生まれるのではないでしょうか?成果がでているサイトとはこういったサイトなんです。きっかけが重要。

繁盛ホームページを運営されている方は、こういった事をしっかり継続されています。

いかに早くからやっているかがポイントだと感じます。1年後~先を考えると、おすすめです。

ちなみに、サブとなるホームページはテンプレートサービスを活用する事で、ある程度の情報サイトでしたら無料で作れます ^ ^

【無料ホームページテンプレート配布サイトを活用しよう】

お店のメインのホームページの場合は、デザインや成約率を高める構成が必要ですので、制作会社などでの作成をされる方が多いと思います。

ですが、サブとなる情報サイトの場合は、テンプレートサービスでも作成できます。(文字情報が中心になりますので)

もちろん、しっかりと制作会社にお願いして作成するという方が、更新なども手軽にできるのでよいと思います。

僕の経験では、長期的に成果につながるのは、お役立ち情報をまとめたサイトを自作するという方法になります。

自作になりますが、しっかりとお役立ち情報サイトを運営するという信念があれば良いのではと考えています。

僕も、低品質のブログ量産や、リンク集の量産だけは、絶対にしないと決めています ^ ^

繁盛ホームページを運営されている方は、ユーザーの役に立つサイトを作るという意思で、複数のサイトを運営して、それぞれからアクセスを誘導されています。

そして1つずつのサイトの情報を充実させて、価値を高めていらっしゃいます。

これは、多くの大手企業が実践されている、グループサイトで検索価値の向上を目指すという方法になります。

ぜひ複数サイトの運営を検討してみてください!


 


キャンペーン情報 - ぜひこちらもご覧下さい

ホームページ制作プラン

モノレッジのホームページ
→ブログ型ホームページの成功事例など。格安ホームページ制作なら大阪のモノレッジへ。

「企業様、業者様からお問い合わせが増えました!」 (お客様のブログ記事より)


 

関連記事

 

前後の記事

 


PageTop